仕事と学びと遊びの境界線が消えていく働き方

こんにちは。バランスライフ・ファシリテーター 鈴木淑子(すずきよしこ)です。

じぶんの手で仕事や商いを生み育てている方々のビジネスだけの成功や充実を目指すだけではなく、「大好きな仕事と暮らしで創る」バランスライフ・マネジメントでサポートしています。

↓↓↓

http://www.teshigotofarm.com/menu.html

=================

8月に入ると本格的な夏休み。

夏休みは帰省の方もいらっしゃいますが、海や山へ、プールへと夏を楽しんでいるようすがうかがえますね。その一方で、仕事の方ももちろんいらっしゃいます。お疲れ様です。

私もお盆休みに合わせて高校時代の友人たちと会いおしゃべりしましたよ。女子校だったため友人はみんな女子! 自分の仕事や健康のこと、子供たちの受験や就職、親の介護や看取りに初孫!と話題はつきません(笑)

みんなそれぞれの人生があるなぁ〜としみじみ。


そんなしみじみを感じつつ、自宅で書類整理をしていたら今から約6年前に参加した「女性のための経営入門」ワークショップのテキストが出てきました。その中で面白い設問が。

「あなたの究極的な理想の生活は何ですか?」

とありました。

さて、皆さんはいかがでしょうか。

あなたにとって究極的な理想の生活とは、どんな生活なのでしょうか?

仕事や家事から開放されて、遊んで暮らしたい!

パートナーと一緒に海外に移住!

倒れる瞬間まで仕事をしていたい・・・とか(笑)

いろいろあると思います。


6年前の私は、半分仕事で半分がライフワークの探究や勉強、休暇と書いてありました。

最近は三分の一が仕事、三分の一がライフワークの探究や勉強、三分の一が休暇が理想と思うのですが、だんだんその境が消えているように感じています。

じぶんの手で仕事や商いを生み育てる仕事を意識していくと、仕事と学びと遊びの境界線が少しずつ消えていきます。

私はこのバランスが好き。

あとはそれぞれの「質」をどれだけ高め、良質なものに変えていくかが課題です。

あなたはどんなバランスが理想ですか。


高校時代の友人たちはこのような話には興味はないし、意味不明なので「ナス料理」のレパートリーで盛り上がりました(笑)。

専業主婦20年以上なのにフライパンに油を引いて焼いたナス料理しかしらない彼女はみんなから爆笑されていましたよ(苦笑)。

働き方も人それぞれ。

主婦業も人それぞれですね。

大好きな仕事と暮らしで創る Teshigotofarm Blog

じぶんの手で仕事や商いを生み育てている方々のビジネスだけの成功や充実を目指すだけではなく、「大好きな仕事と暮らしで創る」バランスライフ・マネジメントでサポート

0コメント

  • 1000 / 1000