仕事と子ども、どっちが大事?

こんにちは。バランスライフ・ファシリテーター 鈴木淑子(すずきよしこ)です。

じぶんの手で仕事や商いを生み育てている方々のビジネスだけの成功や充実を目指すだけではなく、「大好きな仕事と暮らしで創る」バランスライフ・マネジメントでサポートしています。

↓↓↓

http://www.teshigotofarm.com/

=================

突然ですが、「私と仕事、どっちが大事なの!?」という言葉を仕事に忙しい彼やパートナーに言ったことはありませんか?

または、逆転して彼氏やパートナーから「そんなに仕事が大事なのか!」と言われ、思わずケンカになってしまったということはありませんか。

仕事とプライベート、家庭とのバランス。

子育て中のクライアントの皆さんのお悩みに多いのは、仕事と子育てのバランスです。

自分は大好きな仕事をしているので、たとえわずかでも子どもよりも仕事を優先したり、後回しにしたりすると罪悪感がよぎってしまうのです。本当は皆さんやさしいママなのに。

私も訳あって小学生の姪っ子たちと同居していた5年間は、仕事と子どもたちとの生活のバランスは最後までうまくいかず、四苦八苦していました(苦笑)

そんな私が「姪っ子たちと同居しているときに読みたかった!」という一冊の本をご紹介します。

現役の小学校の先生であり、子育てコンサルタントの泉河潤一先生とは、昨年とあるご縁をいただきこの本と出会いました。

実は姪っ子たちとの同居はまさに本のタイトルどおり「うちの子、どうして言うことを聞かないの!」の連続だったのです。

四人の子育て経験のある私の母でも同じようなスパイラルにハマってしまい、自分で産み、赤ちゃんの頃から育てた子どもとは違い、とてもむずかしい日々でした。実の子どもでもむずかしいことは多々ありますが。


今、子育て真っ最中のパパ、ママ。いえいえ、子どもたちと関わるおじいちゃん、おばあちゃんにも事例や実践方法も多く、読みやすい一冊です。

この記事を読んで下さっている皆さんは、仕事に専念して、子育てはパートナーに、祖父母に丸投げする方々ではないはずです。自分にとって最適な仕事と暮らしとのバランスを見つけようと、仕事と子供とのよりよい関係、環境づくりに模索しながらがんばっている方々だと思います。

仕事と子ども、どちらも大事。

それは、大好きな仕事と暮らしで創ると決めたあなたの人生だからです。

この本でお子さんとの、パートナーとの関係のヒントを受け取って下さいね。

大好きな仕事と暮らしで創る Teshigotofarm Blog

じぶんの手で仕事や商いを生み育てている方々のビジネスだけの成功や充実を目指すだけではなく、「大好きな仕事と暮らしで創る」バランスライフ・マネジメントでサポート

0コメント

  • 1000 / 1000