小さなお店や個人事業主がマネをしてはいけない価格の話

こんにちは。バランスライフ・ファシリテーター 鈴木淑子(すずきよしこ)です。

じぶんの手で仕事や商いを生み育てている方々のビジネスだけの成功や充実を目指すだけではなく、「大好きな仕事と暮らしで創る」バランスライフ・マネジメントでサポートしています。

↓↓↓

http://www.teshigotofarm.com/

=================

ウォーキングコースに、ときどき立ち寄る(朝はまだ開いていませんが)アジアン雑貨とお洋服のお店があります。

今朝はお店のウィンドーをのぞくと「SALE」と。まもなく本格的な夏が到来するこの時期になると、あちらこちらのお店が一斉にSALEをはじめますね。

確かに「安い」ということは消費者にとってとても魅力的です。

でも、じぶんの手で仕事を生み出す小さなお店や、個人事業主経営者の方々の商品やサービスを「安さ」でお客様の心を引きつけようとしたらキケンです。

季節限定や期間限定、プロモーションのように一時的には問題ありませんが、「安さ」が魅力のような商いの設計は、薄利多売で生き残ることのできる大手企業の真似をしてはいけません。


「安い」という判断基準は、まさに価格。

小さなお店や個人事業主経営者の方々が、「値引き」、「SALE」でお客様を呼び込もうとした場合、猛烈な価格競争、レースに参戦してしまったことになります。


そんなことはわかっているけれど、集客が鈍化してくると、ついこんな言葉がポロッとでてしまいます。

「やっぱりこの値段(高いと思っている)だったら売れないよね・・・」

商品やサービスを店頭(またはサイト)にオープンして反応がないとすぐ価格のせいにしてしまうのです。

まるですべてのお客様の購入意志が「価格」だけしか見ていないように思ってしまいます。


皆さんの大好きな仕事や商売、ビジネスは価格だけが魅力ですか?

価格だけしか魅力がないのでしょうか?

もう一度、振り返ってみましょう。

決してそうではないはずです。


小さなお店や個人事業主の経営者さんは、「値引き」や「価格競争」は捨てましょう。

「値引き」や「安売り」、「値下げ」の誘惑に引き込まれそうになったら、もっともっと考えて、アイデアを出しましょう。大好きな仕事や商売、ビジネスの魅力は何でしょうか。それをお客様に伝え、共有しましょう。

大好きな仕事と暮らしで創る Teshigotofarm Blog

じぶんの手で仕事や商いを生み育てている方々のビジネスだけの成功や充実を目指すだけではなく、「大好きな仕事と暮らしで創る」バランスライフ・マネジメントでサポート

0コメント

  • 1000 / 1000