グーグル、インテル、Facebook…「瞑想」を導入し、仕事のパフォーマンスアップ!

こんにちは。バランスライフ・ファシリテーター 鈴木淑子(すずきよしこ)です。

じぶんの手で仕事や商いを生み育てている方々のビジネスだけの成功や充実を目指すだけではなく、「大好きな仕事と暮らしで創る」バランスライフ・マネジメントでサポートしています。

↓↓↓

http://www.teshigotofarm.com/menu.html

=================

先日、NHKスペシャル「キラーストレス」第2回が放送されました。

その中でマインドフルネスの効果について触れていましたが、呼吸や体感を意識した瞑想の一つだと感じました。

さて、あなたは「瞑想」というとどんなイメージがあるでしょうか。

直感やインスピレーションを味方にしたいなら、「瞑想」のことをどこかのタイミングで触れ、取り入れ、習慣にしたいものです。

しかし「瞑想」というとなんか怪しく、宗教や精神世界に傾倒した人たちだけのものと思われがち。食わず嫌い!?なのがもったいないのですが、無理矢理取り入れてもよくないので、やはりその方のタイミングでスタートするのがいいことだと思います。

そんな先入観を持たれてしまう「瞑想」ですが、時代はこんな流れにも。

雑誌「プレジデント」が、心を整える「禅・瞑想」入門を特集していました。

「プレジデント」は、1963年に創刊された経営者層を中心読者にビジネス総合誌。

じぶんの手で仕事を生み出している起業家や経営者の方々も手にしたことがあるのではないでしょうか。

特集によると、名だたる企業の「瞑想」導入目的は、メンタルヘルス対策ではなく、集中力を高める、発想力をアップなど仕事のパフォーマンスの向上なんだそうです。

スティーブ・ジョブスが若い頃から禅の影響を受けて、瞑想なども行っていたエピソードは有名ですね。

私も瞑想や呼吸法は、日常生活に取り入れています。

朝目覚めると、窓を開け、呼吸法をします。ほんの数分です。

忙しいときは、これで終わりです。

呼吸法のあと、心を静かに瞑想を行います。

最大でも30分です。それ以上は修行ではありませんのでしませんね。

一般的には必要もありません。


すでに習慣化して数年経つのですが、実感するのは、心身の「バランス」です。

毎日、ほんの数分間でも心のゆとりや自分と向き合うことが、心身のバランスを整え、健康のサプリメントになっていると実感しています。

以前、面倒くささに怠けてやらなかった時期があったのですが、心身のバランスがかけ、なんとなく気力、体力が落ちてきたのです。その体験からも、今は習慣にしています。

私は朝の目覚めとともに行うのですが、就寝前でも大丈夫です。

しかし、特集記事でも触れていましたが、「危ない瞑想」の場、団体は確かにありますので事前によく調べてから、参加しましょう。

ある程度できるようになれば、心身のバランスを整える程度でしたら、エクササイズのようにご自身でされてもいいと思います。

くれぐれも直感やインスピレーションを得ようと無理矢理することは避けましょう。

インスピレーションとは、「宇宙からギフト、プレゼント」という距離感がちょうどいいのです。

もし、ご希望でしたら瞑想の体験や、アドバイスも可能ですから、セッション時に遠慮なくおっしゃって下さいね。

大好きな仕事と暮らしで創る Teshigotofarm Blog

じぶんの手で仕事や商いを生み育てている方々のビジネスだけの成功や充実を目指すだけではなく、「大好きな仕事と暮らしで創る」バランスライフ・マネジメントでサポート

0コメント

  • 1000 / 1000